遺品整理・特殊清掃の専門業者「カスミサービス」

0120-341-520
〒452-0803 名古屋市西区大野木5-175
TEL.052-501-6859  FAX.052-503-7941
  • line
  • mail
 

カスミサービスの実績報告

名古屋市の遺品業者が解説!いつから始めるべき?すぐのケースは?優良業者の3つの選び方。

愛知県名古屋市の遺品整理・生前整理・特殊清掃・ゴミ屋敷片付け・空き家片付けなどの整理業を行う、

「遺品整理」「特殊清掃」カスミサービスです。

 

遺品整理は遺族だけが行うのはとても大変で、精神的にも疲弊してしまうため、遺品整理はプロの業者に依頼して手伝ってもらうことをおすすめしております。

 

しかし遺品整理はいつから始めればいいのか、すぐ始めた方がいいのかについて悩まれる方が多いです。

そこで今回は、愛知県の遺品整理業者が解説する、遺品整理を始める時期と注意点についてお話ししていきます。

 

遺品整理はいつから?すぐ始めた方がいいケースとは・・・

遺品整理はいつからいつまでに行えばいいのでしょうか?

遺品整理には「いつからでも始められるケース」と「すぐに行った方がいいケース」の2つのケースがあります。

ここからはこの2つのケースについて解説していきます。

 

 

遺品整理はいつからでも始められる

遺品整理はいつからいつまでにしなければならないという決まりがありません。

そのため、法要や諸手続き完了後、落ち着いてから遺品整理を始めるのが一般的です。

四十九日法要後に遺品整理を始める場合は、法要ごとに親族が集まる機会が多いため、遺品整理について話し合いをしやすいというメリットがあります。

また、諸手続き完了後の遺品整理では、故人が亡くなった後に遺族は様々な手続きに追われることになるので、ひと段落してから遺品整理を行うことでゆっくりと気持ちを落ち着かせながらできるというメリットがあります。

 

しかしいつからでも始められるからと遺品整理を後回しにし過ぎてしまうと、故人が亡くなってから10カ月以内に申告や納税が必要な相続税の控除が受けられなくなるので注意が必要です。

 

賃貸住宅の場合はすぐ遺品整理を行うケースも・・・

遺品整理はいつからでも始められますが、すぐに遺品整理を行った方がいいケースがあります。

それは、故人が賃貸住宅に住んでいたケースです。

 

例えば故人が市営住宅や県営住宅、公務員住宅に住んでいたケースの場合、おおむね3カ月以内に退去する必要があります。

しかし民間の賃貸住宅の場合は契約内容にもよりますが、入居者の死亡というだけで退去を強制することができないため、家賃さえ支払えば入居を続けることが可能です。

しかし家賃滞納やゴミ屋敷、賃貸住宅で故人が亡くなった場合は、短期間で退去を言い渡される可能性が高いため注意が必要です。

これらの賃貸住宅では、遺品整理はすぐに行った方が家賃や共益費などの費用が発生しないので、なるべく早くに遺品整理を行った方がいいでしょう。

 

 

遺品整理業者の選び方は?3つのチェックポイント

遺品整理を行う業者ごとに料金やサービスが全く異なります。

そのため、優良な遺品整理業者を見つけるためには、3つのチェックポイントに注目するようにしましょう。

ここからは、その3つのチェックポイントについて詳しく解説していきます。

 

 

1.各種資格を保有している

●特定遺品整理士

●遺品整理士

●不用品回収健全化指導員

●事故現場特殊清掃士

●古物商許可

ピックアップさせていただいた資格以外にも様々なものがありますが、遺品整理業者は、不用品回収業や特殊清掃業と兼業であることが多いですが、その中でも上記3つの資格を保有しているのか確認しましょう。

なぜなら、遺品整理について専門的に学んで資格を得る「遺品整理士」や「特定遺品整理士」、正しく回収した遺品を取り扱うことができる「不用品回収健全化指導員」などの資格を保有していることで、手厚いサポートを受けることができます。

 

 

2.明瞭な料金やサービスの説明を行う

遺品整理に関しては、決まった料金表がないと言っても過言ではありません。

その理由は、故人が住んでいた家の広さ、残された遺品の量、リサイクルの有無など様々な要因がケースごとに異なるからです。

そのため遺品整理では依頼前に見積もりを行うことが必須ですが、この見積もりの辞典で明瞭な料金やサービス内容の説明がされるかどうか確認しましょう。

また、見積もり時の金額は変動しないかどうかも、依頼前に確認しておくことで高額費用の請求を防ぐことができます。

 

 

3.複数の遺品整理業者に見積もり依頼をする

先ほど「遺品整理業者への依頼前に見積もりは必須」とお話ししましたが、この見積もりは1社だけではなく最低でも3社に見積もりを行うようにします。

 

なぜなら、遺品整理業者ごとに料金やサービスが全く異なるからです。

 

遺品整理は故人が残した思い出がこもった遺品を丁寧に正しく取り扱う必要があるので、このように扱う業者を見極めるためにも複数の遺品整理業者に見積もりを依頼しましょう。

また、すぐ契約を迫る業者を避けて、遺族で相談しあって遺品整理業者を決めることも大切です。

 

まとめ

遺品整理はいつからでも始めることができますが、故人が賃貸住宅に住んでいた場合はすぐに遺品整理を始めた方がいいでしょう。

また、遺品整理を行う際の業者選びでは、「各種資格を保有している」「明瞭な料金やサービス説明がある」「複数の業者に見積もりを取る」の3点に気をつけて選ぶようにしましょう。

 

愛知県名古屋市のカスミサービスでは、遺品整理・生前整理・特殊清掃・ゴミ屋敷片付け・空き家片付け・施設入退去サービスなどを行っております。

愛知県全域や岐阜県、三重県、静岡県、その他地域にも対応しており、早ければ即日対応も可能ですので、いつでも気軽にご相談ください。

 

                 「遺品整理」「特殊清掃」カスミサービス