名古屋市の遺品整理・特殊清掃

カスミサービスの実績報告

ご遺族にとっての空き家整理は、思い出の整理でもあります。

「最近空き家整理が増えた」という声をよく聞きませんか。

空き家整理はこれから、大きな問題となることが予想されています。

カスミサービスでは、持ち主様の課題解決と地域安全のために、空き家対策に取り組ませていただいています。

 

空き家とは

一般的に空き家とは、一年以上人が住んでいない家のことを指します。放置されている家はもちろん、たとえばご自身で所有している別荘や、借り手のつかない賃貸物件なども、そのなかに含まれます。

空き家は年を追うごとに増えており、最近では住宅戸数の13%以上が空き家とも言われています。

 

特定空き家

空き家の中でも、地域にとって迷惑となる空き家を「特定空き家」といいます。各自治体が調査をして認定しています。

特定空き家と認定される基準は、家が崩壊しそう、虫が湧いていて不衛生、治安の悪化を引き起こしている、などがあるとされています。

 

空き家がふえているわけ

この空き家は、なぜ増えているのでしょうか?

大きな原因の一つに核家族化があると言われています。以前であれば、親子や三世代同居が普通のことであり、親世代が亡くなってもだれかがその家を引き継いで住んでいたものでした。

しかし最近では、子供世代は別に住居を構え、親が亡くなればその家の役割も終わってしまうことが珍しくなくなっているのです。

 

空き家を対象とした法律

空き家対策の促進させるための法律「空家等対策の推進に関する特別措置法」が2015年2月に施行されています。この法律によって自治体は、空き家の持ち主に整理や片付けを要請することができるようになりました。また、改善されない場合には、修繕や家屋撤去を指導したり、是正勧告、改善命令などを出すことになります。

 

特定空き家に指定されるリスク

自治体から特定空家に指定されるとこの法律の適用対象となってしまいます。自治体からの要請があっても持ち主に改善が見られない場合、勧告・命令、そして最終的には強制執行が行われます。また、自治体が保全のために必要な措置をとることを勧告した場合、固定資産税などの住宅用地特例の対象から除外されてしまいます。固定資産税は、更地状態とほぼ同じ最大6倍にまで跳ね上がる可能性があります。

 

空き家のリスクは他にも

犯罪リスク

放置された空き家は、犯罪の温床となります。たとえば

●不法投棄

●無断侵入や不法占拠

●放火

●盗難

このような犯罪が発生すてしまえば、地域の安全だけではなく所有者の信用なども大きく傷つけます。

 

更地にするリスク

さまざまなリスクが予想される空き家は、更地にしたほうが気が楽なのではないか?と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、更地にした場合には、以下のようなデメリットがあります。

●税制の特例措置からはずれてします。

固定資産税が最大6倍に、都市計画税が最大3倍になります。これらの税金は「建物がある」ことを前提とした特例のため、更地の場合特例措置から除外されてしまうのです。

●解体費用がかかってしまう

当然ながら、更地にするには建物を解体しなければなりません。更地にするためだけに解体するには費用がかかります。解体後に更地を売却するなどの予定がなければ、なかなか解体には踏み切れないのが現状です。

 

空き家整理の方法

もし売却先や賃貸を始めることが決まっている場合、空き家の整理をその契約先に委託することも可能です。

しかし、売却先などが決まっていない場合には、ご自身で整理なさるか、業者に依頼することとなります。

自分で整理する

ご自身で空き家の整理をなさる場合に大切な事は、具体的な計画を建てることです。無計画なまま整理を始めても、終わりの見えない作業となってしまい、結局整理されないままの空き家となってしまいがちです。

また、整理品の中には、思い出の品も多いことでしょう。手が止まってしまうこともあります。計画どおりに進まないようでしたら、こまめに計画を立て直すことも必要です。また、一軒家の整理をひとりですることはできません。かならず親族や周りの人に協力を依頼しましょう。協力者の皆さんの予定をまとめながら、役割分担を決めるのが良いでしょう。

整理はまず、残すものと廃棄するものに分別します。廃棄するものについては、分別や大型ごみなど、自治体の廃棄ルールに従って廃棄しなければなりません。

ご自身で整理をする場合、なかなか計画通りに進まないことは少なくありません。そんな時には気持ちを切り替えて業者に依頼することも大切です。

 

業者に依頼する

ご自身での整理ができなかった場合だけではなく、害虫や害獣の駆除が必要な場合や特殊清掃が必要となる場合には、専門の業者に依頼することをおすすめします。ご自身で整理をする中で、慣れない作業や無理な搬出作業などで怪我をすることもあります。専門の業者なら、そのスキルと経験で素早く処理することが可能です。

 

空き家の整理は、遺品整理の専門業者に依頼することをおすすめします。遺品整理の専門業者には、かならず遺品整理士の資格を持ったスタッフが在籍しています。遺品整理士は、空き家に残されたものは故人が生前大切にしてきたもの、という認識で整理してくれます。そのため廃棄するものに対しても、乱暴に扱うことなく整理してくれます。

 

 

空き家の整理はカスミサービスにお任せください!

みなさまがお困りの空き家の整理は、カスミサービスが請け負います。

 

空き家の整理は思い出の整理と考えています

 

特定空き家という言葉にもあるように、「空き家や迷惑な廃墟」と考えがちです。もちろんこれまでご紹介してきたようなリスクはあります。しかし、空き家といえども以前は人や家族が住み、毎日の営みや思い出を積み重ねてきた場所です。

空き家の整理は、廃墟の整理ではなく、そこに住んでいた人に対する思い出の整理。

カスミサービスはそのように考えています。

カスミサービスの遺品整理士が、空き家にあるものすべてを丁寧に扱います。空き家整理は、不用品の回収としてではなく、故人様やお住まいになっていた人が使っていた大切なものとして業務を行っております。

 

不用物を買い取る場合もあります

ご不要と思われるものの中には、価値のあるものや再利用可能のものも少なくありません。

カスミサービスでは積極的に買い取らせていただき、空き家整理代金と相殺させていただいております。

カスミサービスでは、SDG’sが話題となる現代において、捨てることよりも長く使うことに価値があると考えています。

 

空き家整理後の解体や売却もワンストップで対応します

カスミサービスでは、整理後の空き家の解体や売却も承っております。それぞれの業務を別の業者に依頼すると、解体から売却までに日にちが空いてしまったり、空き家の状況説明や資金面などを何度も説明したりする必要があります。

空き家の整理から解体や売却まで、カスミサービスなら一括してお引き受けいたします。

 

 

カスミサービス業務の流れ

1.【お問い合わせ】メールや電話、公式LINEにてお問い合わせ下さい。

2.【お見積り】ご都合に合わせて現地にて見積もりをいたします。

3.【成約】業務内容や金額にご了承いただきましたら、作業日程の調整をさせていただきます。

4.【作業】近隣などに挨拶を行い、予定通りに作業をさせていただきます。

5.【お会計】買取品などの相殺をおこない、お支払いとなります。

 

 

空き家整理まとめ

空き家整理についての現状とカスミサービスの考え方を中心に、まとめてみました。空き家のリスクがあるものの、空き家にはそこに住んでいた人の思いがあることもご理解いただけたことと思います。

ご自身での空き家整理が「難しいな」と思ったら、お気軽にカスミサービスまでご連絡ください。

あなたの立場に立った空き家整理をご提案いたします。

 

「遺品整理」「特殊清掃」カスミサービス